健康のためにしたいこととして肩甲骨を意識して動かすことがあります。肩こり対策、予防になります。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

健康のために肩甲骨を意識して動かす

事務の仕事をしている人は肩こりであったり腰痛に悩まされることがあります。最近の事務の仕事はパソコンでの作業が主です。パソコンといいますと同じ姿勢で手首の先だけしか動かしません。つまりは、腕、肩などは使わないのです。そうなると使わない部分の血流が滞ります。これが肩こりにつながるとされます。同じように腰のあたりも使いませんから腰痛などになることがあります。腰痛は別の原因の事もあるので、調べてもらう必要もあります。

健康のためにした方がいいこととしては、肩甲骨を意識して動かすことです。肩甲骨とはどこかですが、背中の上の方に出っ張っている2つの骨があると思います。それが一分になります。腕などを背中の方に持って行くと肩甲骨が浮き上がってきます。日常的にも使うことはあるのですが、あまり大きく使うことはありません。そこで意識的に回したりして動かすのです。こうすることによってこの辺りの血流を良くすることが出来るのです。

肩甲骨を回すだけであれば座ったままでもできる事です。1時間おきぐらいにすれば肩こりの対策になります。肩こりは慢性的に起こりやすいものですから、適度に行うようにすればスッキリさせることが出来る様になるでしょう。

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.