健康ということは生きていく上で一番大事なことだと思うので、もっと体を大切にしたいなあと思います。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

健康ということは幸せなことです。

小さい頃に両親や祖父母がいつも「健康が一番よ」と言っていたり、神社にお参りをしても「みんな健康をお願いしたよ」と言うのをなにげに聞いていたのですが、30歳を越えた今、それがわかるようになってきました。若い頃は見た目を気にし、健康には気を使わずダイエットをしたり、好きなものを好きなときに食べたりしていました。若い頃はまだ何をしてもすぐ調子が戻り、健康なことがあたりまえで願うこととは気づかないのです。若さでカバーできていたのです。

しかし、いつまでも若さでカバーできないのです。30を越えて、健康があたりまえではないということに気づきました。若い頃のつけは後でどこかで、まわってくるのです。どこか調子が悪いと1日あまりやる気がおきません。貴重な1日なのにもったいないなあと思います。医療費も通い続けていると結構高額になってしまうのです。この医療費で何か楽しめたに…と思うこともあります。病気になってみないとわからないですが、健康に過ごせることはとてもありがたいことです。今のつけがまた将来にまわってこないように自分の体の声を聞いて、体にいいものを食べ、運動し、人生を楽しめるように体を大切にしていきたいと思います。

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.