肩こりを改善するための食材、漢方、生活習慣を解説します。健康状態としては気が滞っている状態です。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

肩こりの改善方法と健康

東洋医学では気・血・水のバランスが整っていることが健康の条件の一つと考えられています。肩こりは、この3つの中の気の滞りが原因になって起きている場合もあります。肩こりでも、張ったような凝りを感じている人にはこの気の滞りが原因になっている事が多いです。この肩こりを改善してく方法として、まず食事療法の面から見ていきましょう。オススメの食材は、キンカン、らっきょう、大根(葉)、しそ、ジャスミン、ハッカ、などです。逆に、銀杏、レモン、ザクロ、は避けるべきだと言われています。使うときには量を減らすようにしましょう。キンカンは好き嫌いの分かれやすいフルーツですが、皮ごと食べられてビタミンも豊富なのでオススメです。

漢方薬では、加味逍遥散(かみしょうようさん)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)、四逆散(しぎゃくさん)、柴胡加竜骨牡蠣湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などが効果的です。柴胡加竜骨牡蠣湯は夫人の病の治療にもよく用いられる漢方で、腎臓病や子供の夜泣き改善に用いられることもあります。生活習慣の改善ポイントとしては、心労を溜め込まない、規則正しい生活を心がける、気分転換する、お風呂にゆっくり浸かる、アロマを嗅ぐ、などが効果的です。

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.