健康に良い行動として頭寒足熱を意識すると言われます。特に足を暖めるのを意識するといいとされます。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

健康で意識することとして頭寒足熱

健康に関する四字熟語として頭寒足熱があります。これはどういった意味かですが、頭の方を冷やして、足の方を暖めるようにすることを表しています。これを意識しないといけないのはなぜかといいますと、自然な状態にしていると頭のほうが熱を持ちやすく、足のほうが冷えやすくなっているからです。頭といいますと脳があります。適度に熱があるのはいいのですが、熱すぎればオーバーヒートしてしまいます。働きが鈍ってしまうのです。

一方足が冷えるのは血液の循環が悪いことを指します。血液は心臓から出発して全身をめぐるのですが、足にもどんどん降りていきます。しかし足が冷えた状態の場合はあまり血流の流れが良くなく、滞ってしまいます。足から全身に戻されない状態になるので、あまり良くない状態になります。足が暖かい状態なら血流も良く、その血液が全身に巡りやすくなります。栄養分は行き渡りますし、不用なものもきちんと回収されるようになります。

頭寒足熱の方法としては、主に下半身を暖めるようにします。ウォーキングやジョギングなど下半身を意識した運動をすると効果があります。お風呂であれば半身浴で長時間浸かることを意識します。頭は意識して冷やさなくてもいいですが、熱がこもらないように気をつけます。

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.