?血(おけつ)とは血の巡りが滞っている状態を指します。健康にとっても良くない影響が出てきます。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

健康を左右する?血とは?

滞る、というのはしばしばマイナスイメージがつきまとう単語ですが、健康に関連する滞りの症状の一つに、血液の循環の滞りがあります。これを?血(おけつ)と言います。よく肥満型の人の血管を見て、血液がドロドロという言葉が使われることが多いですが、?血は血液がドロドロで血の巡りが悪くなっている状態ですね。この状態は健康にとっても良いものではなく、コルステロール、中性脂肪、といった血液中の脂肪の量が多くなり、結果的に内臓脂肪や皮下脂肪といった形で蓄積しやすくなります。また、血管の中で血の塊が出きて、それが脳への血液の循環を妨げて脳梗塞になったり、心臓への血液の循環を妨げて心筋梗塞になったりします。

さらに?血は悪循環を引き起こす可能性が高いです。血が循環しないと、体の各所に栄養が行かなくなるので冷えを引き起こします。すると、さらに血の巡りが悪くなり、さらに?血がひどくなってしまいます。?血の症状は以前は中高年になってから起きることがほとんどでしたが、近年では平均体温が低い人が増えて、若いうちから?血の症状を訴える人が出てきています。若いうちに?血を解消することが、生涯の健康状態を左右することもあります。

注目の情報

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.