東洋医学では高血圧は熱が過剰になっている状態と考えます。健康のためには熱を冷ます食材を用いると良いです。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

高血圧の人のための健康の考え方

最近では健康のためには何でも温めるべきという考えが先行していますが、体質によっては熱が過剰になってしまう事もあります。例えば、高血圧の人の場合熱が過剰気味であることが多いです。東洋医学の考え方では、高血圧の食事療法には頭に昇った熱を冷ますために冷、寒の性質を持つ食材を使います。例をあげてみると、かぶ、大根、小麦、そば、キウイ、緑豆、などです。逆に体を温める性質が強い唐辛子、山椒、酒類、は避けるようにします。もしこれらの食材を使うのであれば、冷ます性質を持った食材を用いるとバランスが良くなります。薬膳では常に料理に対してバランスを考えて作りますから、全体としてバランスが取れていれば構わないと考えることもできます。

体を冷やす野菜の摂取方法としては、生野菜のサラダなどがあります。摂取するときには量は少なめにするようにしましょう。高血圧に直接効果のある漢方薬というのはありませんが、ボレイという牡蠣の殻が入った漢方類はカルシウムを補給してイライラを鎮めてくれる効果があるので、高血圧の治療に用いられることがあります。生活習慣ではとにかくリラックスすることが大切です。リラックス出来る環境作りとして、アロマ、適度な運動、趣味に没頭する、などがオススメです。

注目の情報

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.