健康維持の為に「予防医療」という考え方があります。健康な時から、また病気になってからでも出来ることがあります。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

健康を維持するために大切なこととは

健康を維持するために私たちが出来ることとは何でしょうか。病気には遺伝性のものや突発性のものがあり、それらを個人レベルで防ぐには限界があるかもしれません。それでも出来る限り身を守る手段として「予防医療」という考え方があります。まず、第一に適度な運動や生活習慣の改善により健康を維持しようということです。過度なストレスを避け、日々適切な食事や禁煙を心がけます。

第二に健康診断や定期健診等による病気の早期発見です。早期の治療であれば、より簡単で体に負担がかからない治療を選択することが出来ます。第三に、もし病気になった場合でも適切な治療の継続で進行を抑えたり、リハビリ等で回復を早め、再発防止をはかることです。

予防医療は特定の病気や患者さんを対象にしてものではなく、健康であっても病気であっても全ての人々が積極的にかかわり、より良い未来を目指そうとするものです。生活習慣病の予防や検診だけに限定されるものではなく、現在患っている人々の生活向上まで視野に入れ、合併症予防や再発防止までもを目標とする取り組みなのです。健康は私たち一人一人の自覚によってある程度守られるものかもしれません。でも、もしも病気になったとしてもよりよい選択を重ねることで重症化を防ぐことも可能なのです。

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.