健康のためにはシャワーのみでなくお風呂に浸かるようにします。全身を暖めるのに最適だからです。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

健康のためにシャワーのみよりお風呂に浸かる

沖縄の住宅の紹介の時にびっくりする光景を目にします。それは湯船が異常に小さいのです。とても入れるような大きさではありませんでした。その紹介されている家だけかと思ったら他の家では浴槽があるにもかかわらず物置になっていました。沖縄の人は主にシャワーのみで体を洗う習慣があるためにそのようになっているのだそうです。アメリカの風習があるのか、冬でもそれほど寒くならないので浸かる必要がないからか事情はわかりません。

健康のことを考えるとシャワーのみと湯船に浸かるのとでは湯船に浸かる方がいいとされます。それは体の暖まり方が違うからです。湯船に浸かれば、全身を暖めることができます。シャワーの場合はお湯が直接当たるところは暖かいですが、流れていくところはどんどん冷えていきます。非常に少ないのです。もしお風呂と同じ効果を得ようと思ったらかなりのお湯が必要になるでしょう。それなら最初から湯船に使ったほうがいいと思います。

湯船の浸かり方としては、肩までしっかり浸かるようにし、熱すぎない温度で10分ぐらいがいいようです。熱すぎるのは体にはあまり良くありません。半身浴であれば心臓などに負担がかからないので30分以上入ることができます。

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.