健康のためにいいこととしてふくらはぎのマッサージがあります。静脈弁がついているところになります。

健康診断を受けて自分の体を管理しよう
健康診断を受けて自分の体を管理しよう

健康のためにふくらはぎのマッサージをする

手に関節があるように足も関節があります。手の関節部分としては肘があります。足の場合は膝があります。言葉がよく似ているので間違ってしまうこともあります。足の場合は膝より上の部分については太ももと言います。確かに太い部分です。そして膝より下の部分はふくらはぎになります。太ももよりも細いですがこちらも筋肉がついているのがわかります。手と比べると足はかなり太くなっています。2足歩行の人間だからこそになるかも知れません。

健康のために体のいろいろな部分をマッサージするといいと言われるのですが、その中でもいいとされるのがふくらはぎです。太ももといいますと筋肉が大きくてマッサージがしにくいですが、ふくらはぎはそれに比べると柔らかいです。ですから普段から軽くマッサージをすることがあるでしょう。座って行うと思いますが、立っているときは筋肉が硬くてとてもマッサージはできません。なぜこの部分をマッサージするといいのかです。

ふくらはぎには静脈弁がついているとされます。足の先から血液が全身に戻るときに逆流しないためのものです。マッサージをすることで血流の流れを助けることができます。どんどん全身に戻すことが出来るのです。下から上に行うようにします。

注目の情報

Copyright (C)2019健康診断を受けて自分の体を管理しよう.All rights reserved.